MENU

インフルエンザB、C型の症状

こんにちは!新人研修医のめぐみです。

 

最近、心あったまるできごとなどありましたか?
仕事、仕事で忙しいですが、ほっこりしたいですねぇ。
ねこ飼おうかな…迷ってます。

 

さて「インフルエンザが猛威をふるっています」とニュースになることが、ときどきありますね。
毎年冬になると流行するインフルエンザですが、数年に一回、大流行するのには実は理由があります。
簡単にいえば、毎年の流行はA型のことが多く、それに加えて大流行するのはB型が加わったからなんですね。
ここでは、インフルエンザの特にB型、その症状や熱についてお伝えします。

 

インフルエンザB、C型の症状
急な高熱、全身の関節痛や筋肉痛、悪寒や寒気、頭痛などのいわゆるインフルエンザの症状はA型です。

 

B型、C型は少し違います。
それぞれの症状の特徴をいくつか挙げます。

 

B型の症状

高熱(熱はあまり出ないことも)、下痢、嘔吐、吐き気、全身の倦怠感、頭痛など

 

C型の症状

大量の鼻水、鼻づまり、発熱(ただし微熱)、くしゃみ、喉の痛み、咳など

 

いかにもインフルらしい症状が出るA型とは少し違いますね。
B型は下痢や嘔吐があるのでノロウイルス?とも疑われ、C型は一般的な鼻風邪と済ませてしまいがち。
それで適切な処置が遅れることがよくあるんですよね。

 

A型とB型の違い

実はC型は、ウイルスの変異性がないということがあり、一度かかると一生涯の免疫ができます。
また子どもに多く大人がかかることはめったにありません。

 

ということで、注目すべきはA型とB型になります。
その違いを簡単に書くと…。

 

流行のしかた

A型は毎年のように流行し、B型は毎年ではありませんが数年おきに定期的に大流行します。

 

症状

A型は高熱、体の痛み、頭痛とはっきりしています。
B型は下痢や吐き気など消化器官に症状が出ることが多いですが、熱はさほど出ない。
会社や学校を休むか迷いつつ行ってしまうこともできます。

 

・・・学生時代に吐き気があってしんどかったけど無理に行ったあのときは、実はインフルだった?

 



Google広告

PR

受診のタイミング

インフルエンザかどうかの検査結果は、感染後12時間たたないと出ませんが、薬は48時間以内に服用した方がよいです。
早すぎても遅すぎてもいけないということで、考えすぎると迷いますね。
そこで症状によってのタイミングの測り方をお伝えします。

 

高熱、悪寒、頭や体の痛みなどが明らかにあればA型の可能性が非常に高いので、すぐに行ってもよいでしょう。
検査のタイミングとして早すぎても、明らかな症状があればインフルエンザ対応の薬が処方されることがほとんどです。

 

吐き気や下痢が続く場合、できる限り早めに受診をおすすめしますが、早すぎると「検査のために明日もう一度来てください」とお伝えしないといけないんですよね。
ノロウイルスかインフルエンザかの正しい判断をしたいからです。
こちらは早すぎたらダメということですね。

 

感染経路

A型は自然宿主からのことが多く、種類もさまざまです。
自然宿主とは、たとえば馬やネズミなどの動物の体内ではただ存在しているウイルスが、ヒトの体内に入り病気を起こすとき、その動物は自然宿主と呼ばれます。
一方、B型の自然宿主はヒトだけ。
つまりヒトからヒトだけで感染していきます。

 

無症状のインフルエンザ感染者の対応

B型インフルエンザの場合、微熱もしくは平熱の場合もあります。
また共に出やすい下痢や吐き気も、ふだんから消化器官の弱い人であればインフルエンザまでは疑わず、少し無理して学校や会社に行ってしまいがちです。
(行ってしまったかも、です)

 

が、実はインフルエンザB型が猛威をふるうといわれるのは、ここに理由があります。
ヒトからヒトに感染すること、高熱や悪寒などがあまりない場合、ふだん通りに過ごしてしまうこと。
で、あっという間に感染が広がってしまうのです。
A型と同じくB型の感染力も強いので、だるさや消化器官の異常があれば何日も様子を見ないで、まずは受診し検査を受けてください。

 

その他可能性のある合併症

B型はA型に比べ、合併症を引き起こしやすいので注意が必要です。
原因としては、症状は急激でも治りも早いA型と違い、微熱がしつこく何日も続くといったことがB型にあるからです。
結果、体の回復が遅れ、免疫力が落ちたまま無防備な状態が長く続きます。
これでは次なるウイルスに狙われてしまいますよね。

 

合併症としては、肺炎が一番多いです。
高齢者の方は特に注意ですね。
その次は脱水症です。
合併症を起こさないためにも、下痢や吐き気が続く場合はイオン水などこまめに摂ってくださいね。


Google広告
PR

2017/05/10 16:07:10 | 鳥インフルエンザ
牛といえば、牛肉をはじめ、牛乳やバター、チーズ、ヨーグルトなどの食品は、私たちの食事に欠かせません。「子供が好きな乳製品は大丈夫かしら?」と気になる方もいるかもしれませんが、食品安全委員会では「ワクチンが適切に使用される限りにおいて、ヒトの健康に影響を与える可能性は無視できるものと考えられる」という見解を出しています。また、「観光牧場などで子供が牛とふれあっても大丈夫?」と気になる方も、適切に飼育されている牛と通常の接触をする分には心配ありません。ここまで鳥、豚、馬、牛のケースを見てきましたが、犬や羊にもインフルエンザは発生します。ウイルスは突然変異を起こすことが多牛インフルエンザは、正式には...
2017/05/10 16:07:10 | 鳥インフルエンザ
馬インフルエンザは、馬やロバ、ラバ、シマウマなどのウマ類に発生する、発熱を伴う急性呼吸器疾患です。動物の伝染病の中では特に伝染性が強く、日本では届出伝染病(注7)に指定されています。馬インフルエンザの症状はヒトのインフルエンザに似ていて、40度以上の高熱や激しい咳、大量の鼻汁等が特徴です。ウマ1型とウマ2型のウイルスがあり、感染馬の飛沫や排泄物から、群れの馬に急速に空気感染します。競走馬のトレーニングセンターのように集団飼育している所では被害が大きくなり、関係者には心配な病気です。馬インフルエンザは、ヨーロッパやアメリカでは古くから年間を通して発生していました。日本で大流行したのは1971年で...
2017/05/10 16:06:10 | 鳥インフルエンザ
鳥以外のインフルエンザで有名なのが、豚インフルエンザです。2009年にメキシコおよびアメリカでヒトの発症が確認され、またたく間に世界的な大流行になりました。WHO(世界保健機関)がパンデミック(注4)を宣言して、日本でも大きな話題になったのを覚えている方も多いと思います。このウイルスには豚、鳥、ヒトの遺伝子が含まれていて、当初は豚由来と考えられて豚インフルエンザと呼ばれましたが、現在は新型インフルエンザと呼ばれています(注5)。2010年8月に終息宣言が出されましたが、2010年1月までの死者数は、世界中で14,000人以上という大規模なものでした(注6)。豚インフルエンザの潜伏期間は1〜2日...
2017/05/10 15:49:10 | インフルエンザ検査法
みなさん こんにちは!冬のシーズンに日本人の5〜10%が罹るともいわれているインフルエンザ…治療の原則はなんといっても「早期診断・早期治療」といわれております。その訳は…インフルエンザウイルスは、一個が24時間後には100万個にまで増殖する非常に増殖速度が速いウイルスなのです。そのため、できるだけ早い段階でインフルエンザに感染していることを見極められれば、ウイルスの増殖が少ないうちに抗インフルエンザ薬を服用することができるため、当然、回復も早くなる…ということなのです。今回は、インフルエンザの早期診断に今や欠かせなくなっているインフルエンザ検査、特に最新のインフルエンザ検査法についてみなさんご...
2017/05/10 15:24:10 | インフルエンザ治療薬
麻黄湯(まおうとう)インフルエンザのときに使われている薬として、麻黄湯(まおうとう)という漢方薬があります。もともと中国で使われていた薬で、感染症治療に関する中国の古典『傷寒論(しょうかんろん)』という医学書で紹介されていました。漢方薬は患者さんの病気の状態である「証」にあわせて使われますので、インフルエンザでも、麻黄湯が効く「風寒表実証」という状態であれば、効果が期待できます。風寒表実証というのは、外からの寒(冷え)が体の中に入ってくるのが原因で、体は闘うために発熱しますが、寒が強いために発熱していても汗は出ていません。体の外からの寒のために体をあたためられず悪寒がするとともに、寒のために気...
2017/05/10 15:23:10 | インフルエンザ治療薬
解熱薬についての注意B型インフルエンザでは40℃近い高熱は出にくいため解熱薬を使うことは少ないかもしれませんが、インフルエンザで熱が出たときに、使ってはいけない解熱薬があります。サリチル酸系(アスピリンなど)の解熱薬やジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸といった解熱薬は、小児のインフルエンザの患者さんには使わないことが原則とされています。これはライ症候群(激しい嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状が短期間におこる死亡率の高い病気)をおこすおそれがあるためです。逆に、使ってもよいのはアセトアミノフェンという解熱薬です。解熱薬はインフルエンザを根本的に治すわけではありませんが、高熱でつらいときには...
2016/10/17 15:31:17 |
サイトは「移転」致しました。インフルエンザb型サイトは引っ越ししました。ここをクリックしてください。
サイトは「移転」致しました。インフルエンザb型サイトは引っ越ししました。ここをクリックしてください。
2015/12/07 16:03:07 |
サイトは「移転」致しました。インフルエンザb型サイトは引っ越ししました。ここをクリックしてください。