漢方薬

MENU

インフルエンザに使う漢方薬

麻黄湯(まおうとう)

インフルエンザのときに使われている薬として、麻黄湯(まおうとう)という漢方薬があります。
もともと中国で使われていた薬で、感染症治療に関する中国の古典『傷寒論(しょうかんろん)』という医学書で紹介されていました。
漢方薬は患者さんの病気の状態である「証」にあわせて使われますので、インフルエンザでも、麻黄湯が効く「風寒表実証」という状態であれば、効果が期待できます。
風寒表実証というのは、外からの寒(冷え)が体の中に入ってくるのが原因で、体は闘うために発熱しますが、寒が強いために発熱していても汗は出ていません。
体の外からの寒のために体をあたためられず悪寒がするとともに、寒のために気血が滞って頭痛や後頭部のこわばり、体の痛みが出てくるような状態です。
このような状態であれば、麻黄湯があっていますので、治療の選択肢として考えてみてもよいのではないでしょうか。








漢方薬関連ページ

解熱薬についての注意
インフルエンザ治療薬には、抗インフルエンザウイルス薬の他、解熱剤や漢方、その他に処方されるお薬があるのは知っていますか?